How To Success

こんなに大変?美容師が毎日やっている主な仕事について

お客様の接客対応について

まずは、接客業なので当然お客様の対応としないといけないです。お客様のカットから始まりシャンプーやカラー、ドリンクを出したり好みの雑誌を選んだりしないといけないです。一人のお客様だけではないのでお客様全員に満足していただけるようにサービスを提供していくことが大切になります。ここで人気のスタイリストであるとお客様が多くいるので、カラーやシャンプーなどは他のスタッフに手伝ってもらいながら、仕事するので同僚との連携が欠かせません。

清掃活動も忘れてはいけない

お客様の髪を切った際には当然髪の毛が床に落ちます。その髪の毛を放置しておくと見た目が汚らしいだけでなく、滑って危険です。このためシャンプーなどで席をはずした際には。すばやく髪の毛を掃除しに行きます。そのときに前掛けなども汚れていたらいけないので一緒に掃除します。ほかにはタオルなども大量に使うので、洗濯機に入れたりしたり、お客様目線では想像つかないぐらいにたくさんのところに気をつけて掃除をしています。

営業時間だけが仕事じゃない

多くの仕事は営業時間前にきて準備をして営業時間が終われば片づけをして終わったらそれで終了ですが、美容師の場合はちょっとわけが違います。営業時間が終われば掃除、売り上げチェックなどを済ますところまでは他の接客業となんら代わりのないのですが、このあとにレッスンがあります。このレッスンではアシスタントの人がスタイリストになるためのカットの練習や新人のシャンプーの練習やスタイリストの人も技術を向上させるために日々練習は怠りません。

美容師の求人はネットに多く出ているので、じっくりと吟味することが出来ます。給料や待遇などを見られますし、ネット上から求人に応募も出来ます。