How To Success

女性営業を行うときに気をつけたい身だしなみチェック3選

メイクは自然に派手にならないように

女性で営業を担当する人もいますが、別の会社の人間と会うわけですから、社内にいるときよりも身だしなみは気をつけないといけないでしょう。やはりメイクは大切です。ノーメイクはさすがにマズイですが、気合を入れすぎていたり、派手だと思われてしまうようなものは避けたいところです。特に目立つのはチークや口紅です。この2つは色が目立ちやすいので、つけるにしてもやや控えめな色で、そこまで主張過ぎないようにしましょう。自然に見えるようなメイクを目指すと良いと思いますね。

スーツの色は無難な色に

営業ではスーツを着ていくことが多いと思いますが、スーツのジャケットやパンツ、またはスカートの色は就職活動中の学生を意識できると良いと思います。実際、就職活動中と場面が似ていますから。だから、そのときに着ていたスーツの色を思い出してみると良いでしょう。黒を着ていれば基本的には問題ありません。それ以外の色だと、グレーや紺色といった、社会人の常識的な色であれば構わないと思いますが、できれば無地のスーツの方が良いと思います。

髪の色は黒じゃなくても良い

会社で働いている女性が黒髪という方が珍しいような会社もありますから、営業で他社に行くときであっても、髪を染めていること自体は問題ないです。ただ、色は気をつけたいところです。茶色以外の色はやめておいた方が良いです。黒が1番問題は起きませんが、茶色も色によっては許容範囲内になると思います。茶色といっても結構幅広いので、できるだけ暗い茶色にしておいた方が良いです。茶髪にしている人は、そこを気をつけないといけませんが、常識で判断できると思います。

小売業の女性営業はまだまだ少ないのが現状です。そのため、女性というだけで目立ちますが、それを逆手にとって、女性らしい細やかさで営業すれば、顧客の満足度もあがります。