How To Success

高齢化社会に置いて必要不可欠な介護サービスとは?

介護サービスの必要性とは

今日の高齢化社会において、介護が必要な高齢者も増加しつつ、介護問題も深刻化しているのも現状です。更に、核家族化により、1人暮らしでありながら、1人での生活が困難な高齢者も多く、また、介護の日々を送っている介護人でもある家族の負担を少しでも軽減するために、施設や介護サービスの形も多種多様化してきました。介護サービスには、自宅に居ながらサービスを利用出来る居宅サービスと施設でサービスを受ける施設サービスに大きく分けられます。介護が必要と言っても、軽度の人から、1人では生活が困難な人まで、個人差も大きいものです。

居宅サービスの種類とは

では、介護サービスには、どのようなものがあるのでしょうか。まず、居宅サービスの中でも、最も利用が多いと言われている訪問介護では、訪問介護員が訪問し、食事、排泄、衣服の着替、入浴などを介助する身体介護と掃除、洗濯、買い物などの生活援助に分かれます。身体や生活の面で援助を受ける事で、どうにか1人で生活出来る高齢者には最適です。また、介護をしてくれる家族が同居していても、入浴はとても困難と言う場合には、訪問入浴介護を利用すれば、看護師や介護職員が、巡回入浴車で訪問し、入浴介助を行ってくれます。他にも、医療処置が必要な場合は、訪問看護、自宅でリハビリテーションを受ける事が出来る訪問リハビリテーションなどもあり、双方とも医師の指示によって行われるものです。

施設サービスの種類とは

一方、施設サービスには、まず、日帰りで、入浴、食事、機能訓練、健康管理、オリエンテーションなどのサービスを受けるデイサービス、数日から1週間位の短期間、施設に宿泊し介護サービスを受けるショートステイ、特定施設に入所して、介護サービスを受けながら生活する生活介護などがあります。施設では、裁縫や絵を描いたりなどの作業や皆でゲームや体操をしたり、歌をうたったりしながら、頭や体を使って楽しく過ごす事が出来るものです。また、デイサービスの場合は、家に閉じこもりがちな高齢者には、出かける事の行為により、お洒落をする楽しみを得るだけでなく、人と会話をしたりして、リフレッシュや痴呆予防にも繋がると言われています。更にショートステイは、介護をしている家族が、旅行などで何日か家を空ける時などには最適です。毎日の介護生活で、心も体も疲れきっている介護人には、疲れを癒す時間やストレス解消の時間も、たまには必要ですよね。

介護の派遣では、特別養護老人ホームや訪問介護、通所介護など多くの事業所で募集しているので希望する事業所に勤められます。